読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正体不明のお色気美女

アニメ感想がメインのブログです。

【ターンAガンダム】第02話 感想:ここは「地球」か

f:id:hellosaki_tre:20150316213656j:plain
【02話:成人式】
あらすじ:ロランとソシエの成人式は月からの侵略により中断される。そして偶然にもご神体の中から出てきた機械人形のおかげでロランは侵略者を撃退する。

ここは「地球」か

 この物語における地球と現実の地球は別モノだ。というより、この物語の地球は太陽系にはない。

f:id:hellosaki_tre:20150316213700j:plain

 このことは物語中何度も描写される「月」から分かる。この場面は夜明け、”太陽らしきもの”が空の彼方にある。
仮に、この太陽っぽいものが東から昇ってきているとしよう。そうするとどうだろうか。東を真正面に捉えるロランの左後ろ、つまり北西の空高く「満月」が浮かんでいるのである。我々の知っている満月は夜明けにはほぼ西の地平線にあるものだ。そう、この地球は少なくとも現実と同じ太陽系にはないと言えるのである。
 しかし物語の内側の存在である登場人物たちは、ここが地球だと語るし空にあるのは月だとも言う。本当にここは太陽系ではないのだろうか。
例えば、この地球と月は他の銀河系に移動させられたものだとしたらどうだろうか。そのヒントはGレコ22話のこの場面にある。

f:id:hellosaki_tre:20150316213715j:plain

ラグー総裁「地球そのものを隣の銀河に飛行させようとすれば~」
 この言葉の通り、太古の昔=黒歴史の間に荒廃してしまった地球を再生するために、高度な科学技術を有する先祖が、地球を他の銀河に移動させたのではないか。それに(物語られた中では)、昼間に輝くのが「太陽」であるとは誰も言っていない。このように、この物語中の「地球」というものは黒歴史の間に他の銀河系に移された地球だと言えるのだ。

セリフの違和感

f:id:hellosaki_tre:20150316213708j:plain

キース「地球の連中って、なんで見上げるばっかりで見下ろさないんだろ?」ロラン「地面から離れたくないからだろ。」
 私はこのセリフに違和感を感じる。ロランの返答は逆ではないだろうか。
空に憧れがあり宇宙に上がりたいがために、そらを見上げるのだろう。ロランなりの皮肉なのだろうか。

金魚の象徴するもの

 ロランの金魚は彼自身の内にある”子供”のモチーフである。

f:id:hellosaki_tre:20150316213712j:plain

 まず、第01話ではかなり金魚を大事にしている素振りを見せるし、何より第02話ではこのセリフだ。
ソシエ「~~成人式だっていうのに、そんなおもちゃを持ってきて。」ロラン「そうですか?今夜で最後だから。~~」
 そう、ロランはこの成人式が無事終わったら金魚から離れて、彼なりに大人になるつもりだったのだ。しかし、この成人式は中断されることでロランは大人になりそこねてしまうのである。これ以来、彼はずーと金魚を肌身離さず持っている。つまり、彼はまだ”子供”から脱却出来ていないのである。
  そういう意味では勿論ソシエもまだ子供ということになる。ともかく、仮にこの物語が「成長物語」として終わるのであれば、この金魚はロランの手から離れる運命にある。そうでなければ、わざわざこれ以降何度も金魚を出してはこないはずだ。さらにどうやって離れるのかというのも推測は出来る。
  それは一話の金魚の初登場シーン。ロランが川で溺れて結果的にソシエ家と出会うキッカケになる場面だ。ここではロランが金魚を「追いかけたがために」川に流される。言い換えればそれは自身の”幼さもしくは過去”への執着である。だから、金魚離れは川に金魚を流すことによって行われるのではないか。

ポゥ中尉独特の演出

 ポゥには斬新な演出が使われている。

f:id:hellosaki_tre:20150316213702j:plain

 この画面の中でさらに画面が動くという、「枠画面」とでも言おうか、奥の画面を手前の画面の中で動かすことによって動きを表現している。監督はポゥがお気になのか彼女専用の演出になっているのもまた興味深いところである。他:①02話:1817, ②2137 ③13話:1935 etc...

出来レース成人式

 02話で私が一番笑ったのはここの場面だ。

f:id:hellosaki_tre:20150316213706j:plain

 これ、姉キエルと妹ソシエを比較すると全然違うのである。まずキエルのときは、宣言の後に男子たちが真っ先に行ったのは「呼びかけ」なのに対して、ソシエのときは打って変わって「体操」なのだ。

 ソシエ組の方のその体操も一応彼女へのアピールだとしよう。ただ、この場面で本当にひどいのは1.ロランは出遅れてアピールしていて、2.さらにアピールの対象はソシエではなく月にいる人間に向かってなのだ。」
 なのにロランはソシエに選ばれるのである。
 恐らくこの男子たちはソシエがロランを選ぶことなんて百も承知で、体操を行ったのはソシエのためなどではなく、他の女の子へのアピールであり、準備体操のようなものであったのだろう。もっと言ってしまえばここでの男子たちの奇行はロランとソシエのカップルへの冷やかしであったとも言える。
 
さてそういうわけで、第02話の感想も終わりなのですが、あれですね、めっちゃ時間かかっている。前に言った「見ている時間よりも感想考えている方が長いんじゃないか問題」に陥っているのが今ですね!やったぜ!面白いからいいですけどね!ま、次からは多少短くしたい。いや、します。次話見たいし。
 
広告を非表示にする